memo

日記・メモ帳代わり

カテゴリ「感想文」に属する投稿[53件]

誰そ彼に海が泣く まだこれ以上いるというのか?クソデカ感情男が………
とある幸せな家族の話
前編

後編


前編4時間45分、後編7時間45分、それはもう“1日”なんだわ……!!!(半日です)

CoCどころかTRPG卓を通しで見るのが初めてで「でびパパ黛ママ? わけわからん、見〜〜〜〜よっ♪」くらいの気持ちで見始めた
いい話だった、いろんな地獄見たわ〜(でび)

まずでび様のRPがメッッチャいいんだけど、
多分頭いい優しめのキャラだと思うんだけど、(立ち絵がそう見えるので)
でび様のRPはなんだろう…頑固親父っぽい感じなんだろうか、
ちょっと頭が固くて気が強くて空気読めなくて全然こっちに寄り添ってくれなくて「オレの思い描いた家族が一番幸せ!!」みたいな…なんか昭和の優しいお父さんなんだよ、ほっといてくれないのも含めて「昭和なら優しいお父さん、でも個人主義の進んだ平成なら娘を心配しまくってウザがられるめっちゃムカつくオヤジ」みたいな ギャルこういう父親に反抗して家出しそうじゃない? たかしさん、絶対門限厳しいんだよな そういうタイプ
口では「娘が心配だから……」って言うんだけど、娘がやりたいこととか、本当に叶えたい夢は絶対わかってくれないの
李に対して甘えなさいと言うのも、柚に対して「柚はお姉ちゃんだから●●しなさい」って言うのも、実際隆さんがそれらの行動を「これは是、これは幸せ」と思っているから言っているのであって、そこに柚や李の希望はないんだよね 李は甘えなくて一人でやってみたいことや頼って欲しいこといっぱいあるのに、柚は授業参観言えないくらい抱えてるのに、そういうのをみてくれない

でも本気で!!本当に!!家族に幸せになって欲しいんだよ
単純に「柚や李の幸せは父親である自分に責任がある」と本気で思ってる価値観なだけで、多分理詰めで根拠を提示すれば、そこに情熱が乗っていれば絶対に強い味方になってくれる
ただ、このタイプの父親の元で育つ子供に、理詰めできる実績はない(やろうとすれば潰されるので)、情熱だけでは動いてくれない(子供の駄々で終了、李のわがままみたいに)
子供もいい子であればあるほど、「本気で自分たちの幸せを願って動いてくれる父親に対して、その期待や願いを裏切りたくない」と思ってしまい、抑圧してしまうので、、、
あの父親の元で育つ子供として柚と李は最適解レベルだった

隆さん、本当に愛情たっぷりだった、父親としても旦那としても
単純にでび様の趣味…というか……素なのかもしれないけど、
隆さんが響子さんを抱きしめるのがすごく好きだった
子供たちを抱きしめるのもすごく好きだった
最後の最後で、「抱きしめたかった」っていうのが……好きだった

多分、物語終盤、あらかた情報共有が終わった時点、でび様の中でプレイヤーとして
「自分が死ねば家族は助かる」=「火事で死ぬのは自分」ってわかってたんだと思う
でも、家族は自分を絶対に助けようとして、ちゃんと死ねないこともわかってた(というか私に分かったので多分…後編のオープニングでも大体わかったみたいなこと言ってたし)

忘却の呪文(でいいのかな)を何度も覚えようとしたり、箱庭を出ようという姉妹に反対したりする。隆、お前そんな怪しげな呪文を…隆…!
これまでの隆の人格からすれば、「偽物の世界で生きるより、本物の二人の成長を見守りたい」って思うと思うんだよね。
でもそれよりも、「家族は自分を見捨ててくれない」を信じたんだろうな、と思う。
「自分が」死にたくないからではなく、「家族が」死んでほしくないから。家族の幸せのために。

隆は隆であろうとした。
「柚や李(そして妻の響子さん)の幸せを、(歪んでいても)父親である自分の責任で存続させようとした」
でも、最後で柚と李の本物の未来を、希望を、夢を信じた。
父親としても変わったんだよな、隆。柚と李が変わったように。響子さんが変わったように。

あんなさあ…でび様まんまの声なのにさあ……
李の日記シーンとか怖くなったり、響子さんの前だと優しくなったり、声色が変わるじゃん、本当に好きだった……
隆さんだった。本当にすごいな……。


響子さんはなんか…黛がすごくてさあ
黛が「黛灰」のロールプレイをいつもやっていると思ってみてるので、ロリになろうが未亡人になろうがオカマになろうが「さすまゆ…」と思ってる リリさんと喧嘩してるトムとジェリー状態が一番好き

黛自身のツイートでもみたけど「サブKP」というか、とりなしがうまいんだよね
ママに関しては結構黛前提で見てしまうので申し訳ないんだけど、「家族禁止」のやつ、あれは本当に場面全部見えてんなと思ってしまった
李が「貧弱で可哀想で何もできない妹」という役に不満があること、
柚が「いいお姉ちゃん、ちゃんとできなきゃ私の存在に意味がない」と追い込まれていること、
隆が「お父さんの言うことを聞きなさい! 言いたいことがあったら言いなさい」(言えるわけない)状況を作っていることも、
何より響子さん自身が、それらに対してなにも口を挟めず、お飾りママですらないことも

「家族の幸せのために動けているか」と考えた時、響子さんはパパみたいに子供たちを制御することもなく、柚みたいに「なにかあったら手伝うよ!」とお手伝いすることもなく(家事下手なので)、李みたいに「愛されることが役目」ということもなく
だからこそ彼女が「支配」の呪文を持つのがエモいんですが……中ボスやし
ふんわりした癒し系お母さん……でもそれって決定権とかないんですよね。あとそれ別にとろろおにぎりでもいい
誰でもいいポジションにニコニコ座ってて、「この人じゃないとダメ!」みたいな場面になると透明になる
「お母さんは李の日記を見ようとした柚を止めなかった」のシーン、すげえよかった。
「李のちゃんとしたお姉ちゃんとして、ちゃんとした悪役になりたい柚」vs「お母さんが空気なのは知ってるから黙ってて李」なので口を挟める場所ではないし、口を挟むなら全責任持ってかないとダメなだよね。隆なら無理くり言って「お父さんが悪い、だから姉妹で喧嘩すんな、はい握手」くらいまで持ってったと思う。
でも負ける。響子さんは空気だから。

まゆが「まだ喋っていいならRPしたい」って言った時になにするんだと思ったし、「家族禁止」なんて言い出すとは思ってなかった。
「家族が幸せになるために家族禁止」なんだよな。
でもその前のターンで大分こじれにこじれてた家族にそれ言うのかあ。
それが言えるのは家族を信じてるからだなあと思った。肝が据わってんだ。据わったのかな。
家族のために、めちゃくちゃ悪役になるかもしれないのに、かなり場を引っ掻きまわす提案なのに、やるのか。禁止したあと元に戻れるかも分からないのに。
家族を信じてるから。家族が愛し合っていると信じているから。
なげやりでもなく、諦めでもなく、明日に、未来に向かうために。
それが仮初の明日でも。

響子さんが隆さんにネックレスのこと聞かれて、呪文使うのわかんなかったけど、動転してたのか……
何もかもうまくいって、仮初の本当の幸福がこれからも続く予定だったのに、箱庭が終わってしまうもんな………。
今が一番幸せなんだもんな。そりゃ絶対聴かれたくないな。

おれは黛のリスナーなので…自分に嘘つけないので言わせてもらうけどよお…。
「さすがに喋っていいかあ〜〜??」って出てきた黛めちゃめちゃすき
あそこで「さすがに喋っていいか?」って出てくる黛だから響子さんのああいうキャラロールになったんだろうなと思うんだよ
多分、響子さんの今回選んだ道が一番正しい。何もかもが。響子さんにできる最善は尽くされたと思う。おれはプレイヤーを信じているのでそう思うのかもしれない。もう分からん。おれは黛リスナーなので…。おれ黛リスナーでよかったな……と改めて思った。


柚は出てきた時にすこやウッキウキwwって感じだったね 開示される地獄&地獄
「幸せ家族? ウッソつけお前!!!!!」と思いました
型としては「お姉ちゃんしなきゃダメな長女」な上に母親があんなんだから「母親もしなきゃ」も合わさって健やかな地獄だった おれはああいうの家庭崩壊って呼んでるんだけど
あれで家族のことが嫌いだったら「家庭崩壊!家庭崩壊!」って指差してキャッキャしてたんだけど(家庭崩壊大好き!!!)
柚は家族が大好きだったね これは家庭は崩壊していないです

子供が子供として保護されないこと、これは「家庭内でロールを与えられること」も含むと思うんだよね
「ちゃんとしたお兄ちゃん・お姉ちゃん」「親代わりの長子」「不和家庭のピエロ役」など。当然李ちゃんの「弱くて可哀想でなにもできない妹」もそう。
アイデンティティは自らの人生の上に確立するものであって、「他人から求められて獲得するもの」ではないんだよね
「男らしく・女らしく」「お兄ちゃん・お姉ちゃんらしく」とかこれらは「自己肯定するための一材料」とかそういう要素であって、「ちゃんとお姉ちゃんできてるか不安になる」とか、「お姉ちゃんじゃない私に意味はない」とか、そういうレベルで追い詰められるくらいなら逃げていいのよ 日本人は割とこの判定が甘いですが(日本家庭の七割は家庭崩壊だと思ってるオタク)

私がキャラ設定聞いた時に思ったこと、全部全部「これは柚の悩みで、これは解決すべきこと」として描かれていて最高だった。
最後の言葉、なんかもう大体黛が言ってるし、別に私が言わなくてもいいかと思うけど、私はまだ言ってないので言う。
最高だった。
「(天国に)李は遅くきて欲しい」とか柚がお姉ちゃんだったから言える言葉だし、
「私が甘えたいから」とか柚が隆と響子の子供だったから言える言葉だったし、
柚が鈴鳴柚だったから言える言葉だった。
全部繋がってた。
こんな……半日あったんだがこの卓…………。よく覚えてるな、アルバムの設定とか伏線とか…………。
いや覚えるとかじゃないか。生きてたんだもんな。
箱庭の中で、仮初の平和で、すこやのロールプレイしたキャラだけど、柚さんはそこに生きてたんだもんな。


これはとある幸せな家族の話で、少年ジャンプで連載してないし、都合よく時は流れて10年後とかにならない。
なにも言えなかったサンゴちゃん。
私は、都合よく立ち直って欲しかった。都合よく、李はこの経験を生かして未来ではすごい研究者になったよ、とか、結婚してお母さんになったよ、とか、体も丈夫なったよ、とか……そういう報告して欲しかった。
でも無理だね。だって今だもん。今終わったんだもん。
そんなに都合よく時は流れないし、都合よく立ち直れないし、都合よく生きていけない。
どうしていいのかわかんないね。
この鈴鳴家自体が、「ここで終わりになりたくない」という願いで生まれたもので、
最初から都合が良くて……

鈴鳴李が最後に選んだ道は、「鈴鳴李」にしか選べなかった。柚が最後に言った言葉が「鈴鳴柚」にしか言えなかったみたいに。
「鈴鳴さんちの弱くて可哀想でなにもできない妹」なら、きっと選べなかった道で、
だから無駄になったなにかなんてなに一つないのだと思う。
都合がよかったものもなく。ダイスも含め。家事はしっかり失敗して、こういう時にスペシャル出すお母さん……。

外へと道がつながったのは、家族全員が家族のために、本当に最善を尽くしたからなのだと思う。


私は、あなたが生きていて嬉しい。表示
ちょーーー!!??
#WJ #アンデッドアンラック だけ読んだけどシェン!?!!!???おまえ!!!!!!!!!イケメン嘘つきクソヤローの顔面がうまいなとか思っててごめんね!身内と殺しあう男大好き!!!!!!!!!

兄弟子の人が本当にいい人で 好きでよかった いい拳だ

シェンの不真実、『好きな人にしか効かない』縛りがここにきて発揮されそうだな
能力を通して勝つのも通さずに勝つのもめちゃめちゃ味があるやつじゃん………めちゃめちゃいいな表示
#総理倶楽部 読んだ。この伊藤公パスタ茹でるし山縣はじゃがいも茹でてるな……


アホ毛の時点でだいぶ気づくべきなんですけど、これはつまりそういうことですよね……
だって下半身露出するふにゃふにゃしたポジティブ女たらしってそう言うことでしょ……そう言うことだよね……女に好かれる以上に男からクソデカ感情抱かれてるし、それはそうでは?(占領したいとついていきたいはだいぶ違うのでは?)
イタちゃんは由緒正しきローマおじいちゃんちの子だけど俊ちゃんは農家の子、みたいな違いはあれど下半身露出するふにゃふにゃした女たらしはそうなのよ。それはそう。オタクはずっと知ってるんだからさあ……

あと京都弁のナイカクイケメン、割とキーキャラなのでは?
読む前は大河特需で渋沢かと思ったけど、違うなあ……コメントがちょいちょい後輩ポジションっぽいんですよね。
ちょっと時代が下るとしたら…メガネ……京都……京都じゃないんかな……
わかんないのでナイカクでいいダスか?

原K議員出てきたけどこれ明治限定総理でいいんかな?
議員時代なら出し放題なら大隈のターンで憲政会メンツ死ぬほど出てほしい。ていうかニコポンのターンで原出てくるのどうなんだそれは。桂くん、西園寺くん以外に友達おらんのか?(何煽り?)(構成の問題でしょ)(はい)
原、西園寺強火担限界オタクなのは面白かったけどバリバリ““陰””のものでだいぶわろた。
個人的には「はい、私はすごくいい人です、爽やか好青年です」って顔して自分のポジティブキャンペーンしそうなイメージなので、見た目で陰キャ感出す原って面白がってしまう。ネクラだとは思う。私欲はないが担当には限界ムーヴするオタク……クソ厄介だな……
#アンデッドアンラック 単行本買ったので読み直してる(オータム戦あたりで話わかんなくなっちゃった)けど、アンディの「ヤケんなった女抱くほど俺ァ腐ってねえ、二度とあんな真似すんな」って、だいぶいきなり紳士みたいな発言するな!?今までお前から迫ってたのに!?と思ったけど、ようは「まだ自分(アンディ)は勝ちを諦めてなくてこれからの話をしてんのに、風子が勝手に諦めて死ぬつもりなのは許さん」なんだな。少年ジャンプ語難しいわ

このセリフ、本編にはないけど私の中でアンディ解釈にじわじわ効いてきてる
風子が「もっと大きな不運を呼べる気がするから頑張る!」をやるたびにニコニコするの、「自分が死に近づくから」っていうよりはもっと単純に「オレ好みの女」を目の前にして嬉しくなっちゃってんだよな
「ヤケになって適当かます風子」じゃなくて「オレのためにとびっきりの愛で不運呼んだ風子」に殺されたいよな アンデララブじゃん

普通に「自分の信念のために努力する女」好みなんだと思う ジーナさんとかスポイルの時の先生(花嫁)といい
#メルスト ゆるキャンコラボのストーリー全部読んだ(遅)
メルストには女の子しかおらんかったんや!という調整がされていた、さすがである
クエストに出ると絶対いるあの少年誰?ってなるな………
あとは志摩リンスカウトを待つか………。志摩リン………!絶対お前を雪の国につれてってやるからな………!表示
ナゴジュク聞いた感想文(曲だけ)
#ヒプマイ
light&shadow、MCバトルとしてはジュクの勝ちでキャラクターコンテンツとしてはナゴヤの勝ちみたいなやつだな 私はニガマムシが全部勝ったと思ってるオタクなので

まず天国のおじさんが先生の対抗馬として出てきた時点でだいぶ名古屋のこと好きになった
リーダーVSリーダーで切り出すんじゃなくてちゃんと因縁ある人たちで攻めてきてんのね
これは大阪の漫才コンビと親父VS長兄のバトル構成もそうなんだけど

でも言ってること(オレの敵はオレ)、それ先に先生のターンでやってんだよね
天国おじさん相手にされてないし 先生のターン 誰にでも言える内容 まじ相手にされてない
TDDとして実績あるレジェンドラッパーに対してそれはさあ と思うし
もともと因縁あったとしてもそれは個人のストーリーとして「神宮寺先生の境地まで追いついた」としたら「超えた」要素にはならんくない?と思う

天国おじさんもだけど「オレの敵はオレ」でいくならこのバトル、名古屋は新宿にアンサー返すのはどうなの? というそもそもの話もあるし
あーでも歌詞見ながら聴くと違うな
これはアンサーしたほうがいいのか? 言ってることは間違ってないし矛盾してないしな……

あとこれは好みなんだけどeで踏めるところaiで踏むのなに?
「今はそうじゃねえ」「お前じゃねえ」で全部否定していって最後「下がらない」になってまた「倒す敵はお前じゃねえ」に戻るの何?
「自分次第」は「てめーしでー」で踏むんじゃないの?
ここで踏みましたみたいなライムは下品だからそんな踏み方しないのか何かのサンプリングなのかわかんないけど急に聞き心地違くて耳に残るんだよね
特に名古屋で文末eやられるので「不退転(uai)e」で暗に踏んでるんじゃない?って思ってたらaiになるので

あ〜難しいな
でもやっぱりここで踏みましたみたいなライムはやめたほうがいいんだろうなフォークさんも下品だって言ってた

表示
HOME MADE 家族を抱える名古屋が「家族」って言ってたので勝ちです

開眼、>>148 でもだいぶ喋ったけど
「やっと出番だな」のところからトコナだ!トコナで聞いた!って思ったんだけど聞いてなかった(何?)
うーん知らざあかなあ わーっと流れる波みたいな…うーん
「彼岸花〜」からのクウコウのパートMOROHA感つええな
おれはこの「家族」に入れてもらえないけど「苦しみはここに預かろう」と言ってくれる人は必ずいるのだと信じるに値する曲だった
これは前にもめちゃくちゃ言いましたが別に名古屋ディビジョンに入れてもらう必要はないんですよ
オレが狂ったのはギドラでもブッダのせいでもないし
でも絶対この世のどこかにこの曲で、BATのせいで狂ったMCが出たり「オレの痛み代わりにラップしてくれた」って言うヘッズはいて
だから「私も運命に巡り合うのだ」という確信がある
その確信こそがこの世の希望なんだよな

いやもろ主張はMOROHAなんだけどさ
ド頭ポエトリーでどうすんだと思ってたけどどうにかなったな
HOOKからぶち上がってよかったこの曲は
構成がうますぎる本当に
「いっそこの目を潰してしまえば」と諦める十四、「誰も触るな」と威嚇する天国さん
その二人の叫ぶ「不退転」って「背水の陣」なんだよね
こっから下がったら死ぬの
だから「未来へ」と言いながら死とか絶望の匂いがする「未来」
そこに現れるクウコウ、後光差すわこれ……
一人で生きて一人で歌って交わらなかった世界、未来がここで交差して「共に見つめよう」と言い、「ナゴヤ」で声が揃う、まじで構成上手いななんなんだ
表示
でもMOROHA感が強すぎて刺さりすぎるな あんまり聞けんかも

灯火
いや良い歌なんだけど「不退転」を掲げた名古屋の対抗曲に「逃げるなら前だ」ってお出しすんのなんなの
じゃくらい先生の「すべての人を救いたい」系の言葉「あ〜GADORO」って思ってるから別に良いんだけど(迷宮壁もGADOROだな〜と思ってた)
今回めちゃ独歩ノリノリだったよね
元々底辺(クズ)のガドロだから多分独歩みたいなヒラサラリーマンの方が解像度が高いというか共感しやすいんだと思うけど
「すべての人を救いたい…」GADOROがやるとしたら「すべての人は救えない だから目の前の人は救えるような力が欲しい いや力か? 力で解決できるのか? どうしたら良いんだ」になると思うんだよね
GADOROも心からすべての人に幸せになって欲しいと思ってるはずなので(それが正しいのかどうかは別として)(天国さんは「触るな」なので)
その解釈でいくと迷宮壁めちゃめちゃ解釈一致だったので(結局先生は誰も救ってないしなんも解決してないので)
今回は金持ちじゃない人が考えた金持ちの豪邸みたいな先生だったな〜と思う
でもその解釈の神宮寺寂雷先生って迷宮壁以外の先生って感じがするんだよな〜〜ここで解釈が揃ってしまったのでますます迷宮壁が浮いてしまったな……
表示
曲自体は好きだと思う
歌うめえな伊藤さん……
大好きな人が死んでしまったけど、残された自分はめちゃめちゃ死にたいけど、この世界に生きる理由があるからもう少しだけ生きなきゃいけない歌大好きなんだよな

バーンアウトシンドローム ドクストのOPから知ったんだけどほんといい曲多い
裏声出す男性ボーカル好きなんだけど

これさ「君を殺したカーブが見えた」を最初に出すのがすごいんだよ
「僕もここで死ぬんだっけ?」っていう流れ、「君」の死が受け入れられず認識がおかしくなっていく主人公のメンヘラソングなんだろうなと思ってて
そこから「お前」がサイドシートにいるのも昔の記憶のリフレイン、「死にたい」気持ちを繰り返し聞かして
「東名高速道路清水JCTを時速200キロオーバーで駆け抜ける」=「死にたい」じゃん
「僕のハイエースは雨を待つ」んだよ、スリップしてあのカーブで死にたいの
死に場所は決まってるから死に時を見計らってるの

でも「お前を起こすのは 富士山影とおはよう」から様子が変わってくる
まず富士山が見えてる=雨が止んでる(そもそも雨は降っていないけど、降らないことを肯定的に捉えている)
「チャイルドシートで泣き出した希望よ、お前とこの歌を歌えるまであと少し生きよう」
「お前」ってずっとこのチャイルドシートの「お前」だったんじゃん!!!!!

「君」を失った悲しみに浸りながら、死にたい、君に会いたいと願いながら、それでも「お前」のために生きるんだよ
死にたいって言いながらずっと「ハイエースは遠心力で宙を舞うギリギリ」で宙は舞ってないんだよね
死ねないんだよ
その死ねなさも含めて、死にたいけど死にきれない惨めな「僕」の話かと思ってたら、
未来を生きる希望の歌なんだよ

最後「翔ぶ」で締まるけど、偶発的な事故によって死んでしまうんじゃなくて、未来への希望に向かって恣意的に「翔ぶ」なのめっちゃいいな……人間の希望のうただ……と思う
「君」がどういう経緯で死んだのかは知らないけど、めっちゃいい歌だ
表示

韻の踏み方が好き
母音で全踏みしてるんじゃなくて単語を切ってリズムで踏んでたり、発音で踏んでるように聞かせるの好き
「エンジン音」「A/Cオン」「遠心力」(これは歌にすると全踏みに聞こえる)
この辺めっちゃ聞きやすくて
「東名高速道路清水JCT」「平/行世界へのパスポート」もすごいいい
Good Morning World! でも思ったんだけどOで終わる単語で最後シャウトされるとめちゃめちゃいいんだよね
「待とう」「お前を」「走馬灯」「おはよう」「生きよう」
「サイドシート」「チャイルドシート」も歌詞全文見るとここ重ねるのやべえんだよな・・・表示
これ本当にウィンカーのBPMなんかな……面白い曲
今年のユニスタ全部買ってんだけど(予告購入)#メルスト

三月はホワイトデーだから一番バレンタインに本命チョコもらえなさそうな人材連れてくんな
バルトロメイ、黙ってればイケメンだし強いし人望はあるのでそれなりにチョコ貰うけど、もらう度にはしゃぎ散らかして「本命?!」って聞いて回るので、全員から「義理です」って回答され、結果義理チョコ100パーセントになる男
しかも半月くらい前から「チョコ……好きなんだよな」「あー!甘いもの食べたいなー…14日くらいに」(チラッ)を繰り返すので当日正面切って渡せる総数は絶対少ない
雪の国バレンタイン、本命チョコ獲得数が一番高いのは当然総隊長だし、義理チョコ獲得数はジャルキィとダディが並び、本命「率」だとラヴィエチルさん高そう
お情けみたいなチョコをこまごま貰いながらヴァレリーは「いいじゃないですか、俺も一つしかもらってないですよ」って大本命ラブラブチョコを大事に食ってる……くっ……末永く幸せに爆発しろ!!
オオサカVSブクロ、どっちも「楽しんでこーぜ」なんだけど、ブクロが「気合い入れてこーぜ」なのに対してオオサカが「肩の力抜いてこーや」なので本当に対極って感じ#ヒプマイ
バトル曲 聞いたけどこんなんオオサカ鎮座DOPENESSじゃん 真面目にやる方が馬鹿らしいんだわ#ヒプマイ
モロハの内省的で努力しても変わらない現状を嘆きつつ未来に希望を託すリリックは新宿だろーーーーーー!!!とずっと思っていたのだけどもうこういう方向性で来られるとなんも言えんわ完璧と思う#RAP #ヒプマイ

ヒップホップ、大きく分けて「俺はすごい!すげーすごい!」「多分すごい…未来はきっともっとすごい……(震え声)」「今めっちゃ楽しい、マジやべー」の3種類くらいに分けられると思うのですがモロハはポエトリーだし内向きな曲が多い
未来に希望を託しつつ、今の自分はすげー頑張ってるのになんで評価されない?上がらない?もしかして俺って何にもないのか?ということに気づきつつ、それに目を背けていても変わらない、だから自分に向き合う……みたいなタイプだと思うんですよ ええ迷宮壁への解釈もこのあたり(先生は社会的な成功を掴んではいるものの自らが望む「希望」は得ていないので)なのですごい新宿に来て欲しかったのに……と発表時は思ってました っていうか来るのかよモロハ……まじか……
モロハはどっちかっていうと社会派寄りのポエトリーだと思ってたの、社会派ポエトリーは狐火とか「相対的に評価される自分」を歌うラッパーだと思ってます

名古屋の話、トレーラーの限りではずっと「俺」の話をしていて
こんなに「俺」の話するDivだったんだ?!とまずびっくり
モロハ、こんな…こんなラップできたんだ!?(お前……)
ずっと自分の話をしている……お前のもんじゃねえと言っている……いやそれはそうなんだけど……

モロハ自体そんな得意ではなくて(うるせー!と思う時、大抵見て見ないふりしているやましさがあるもの)(そういう感じの得意ではなさ)(刺さってはいる)あんまり聞いたことないんだけど、こんなラップの構成うまかったんだ……文学じゃん……と思ってしまった

「世界は辛い、こんな辛い世界を見る必要あるのか?」という問いかけから曲に入り、「じゃあ、俺も一緒に見よう、3人で、6つの目で見よう、苦しみを一緒に抱えよう」とHOOKに入るのマジでプロなんだよな 本当にすごい

ルーツと傷を語るラッパーが好きだから一瞬で好きになってしまった

マジの哲学者、社会学者でもない限り、思想や価値観なんてもの、目新しいものは基本的に語られることはない
なのでこれは簡単に言えば「上から同情すんな、うっせえわ、でも仲間がいるとハッピーだよね」って曲だと思うんだけど、だからこそラッパーは「俺はこういうふうに生きてきて、こういうことがあったから、こういう覚悟を背負ってんだぜ、こういうふうに生きていくんだぜ」っていう話をする
ラッパーは同じテーマで延々に曲を書いている
でも「こういう風に生きてきた」からその人にしか言えない言葉がある
その人がいうからこそ説得力を持つ、心に響く、価値を持つ、そういう言葉は何にも代えがたい 「俺の話をする」とはそういうこと

B.A.T くそ 舐めてた……そう 正直いうと 曲でこういうのやってこないだろうと思ってたから 舐めてた 言うんだ……自分のルーツを……傷を……そういう覚悟を決めるチームではないと思ってた

傷を語る時、文字に起こすたび、言葉にするたび、カサブタを剥がしてまた傷にして世界に証明するようなものだと思っている
なので傷を語ってくれるラッパー、曲が好きなんだよな その痛みの証明のおかげで「私」の痛みが共有されている気持ちになるから
「その痛みは私のものだ、これは私の物語だ」って思うことを、作り手側に信じてもらえると思っている
「人間失格の主人公に傾倒するのは厨二病w」みたいな風潮一瞬あったけど それは人間失格が優れた文学だからなんだよね 人の心を動かす力が強いって話
「これは私の物語」「これは私の曲」みたいな思い入れの作品、何かしらあると思う

「俺の痛み 代わりにラップしてくれた」なんだよ

そしてこの痛みはまた同じように誰かを救う曲になるんだ
ジブラでもないし般若 でもAKでもないけど、「これは俺の痛みの作文 」「これが俺なりの俺の歴史 」と世界に流した曲がどこかの誰かに響くんだよ
ちょうどそういう話をしたばっかなんだけど

これは文学芸術の系譜 どんなロングインタビューより1行のバースが誰かの夢になる 誰かの夢を見つけるんだよ本当にすごい
そしてそれは「私」を救わなくても、「私」が共感できなくても、世界の誰かは救っていて、世界の誰かに響いている
人間の未来を信じる話 めちゃくちゃ大好き 一人だと思っていた世界で仲間を見つけて居場所ができる話 めちゃくちゃ大好き……これは私の希望の話
なんだよアフロこういう話もできるんじゃんかよー……自分に向き合えるようになったらちゃんと聞こう……
この辺聞くとbule herbと麻天狼の壮大さマッチしそうな気がする#RAP #ヒプマイ

ガドロがどんだけ意識したのかはわからないけど「一度王座についたからこその恐怖、責任、でもそこへ戻る覚悟」みたいなの未来は俺等の手の中 のBOSSみたいだよね……と思った
いやガドロも一回100万取った男なので単純にその辺の感情がマッチしたのかもしれないけど
もはや地元だけのrepじゃなくて「日本中に」なんだよね
足元を掬われても救いたい、迷宮壁からの脱出は愚直にも真っ直ぐに(そうでないと意味がないので)、ガドロのじゃくらい先生解釈好きなんだよね……
まっとりのアイスバーンを見ましたの回#RAP #ヒプマイ

jackass RAPPER を思い出すようなゴッツゴツの入りからどストレートにかっこいいフック
かっっっっけーーーーんだよこれが
最初に「零四五中」(045=横浜のナンバー)で自分たちが横浜のレペゼンであることをバリバリに押し出したあとHOOKで四の五の言わさず力ずくって言うの、ヨコハマの誰にも文句言わせねーって感じでバチバチにハマる
ラップバトル、やっぱりまず地元を『制圧』するところから始まるからね
よその地域に繰り出す前に地元を固めて韻も踏み固める アイスバーン……ライム至上主義……
地元で誰にも文句言わせんようになってレペゼンなんだけど、カリスマじゃなくて力ずくなんだよね パワーつよ
ハンティングチャームのチャームてなに? 幸運だとしても、運みたいな不確定要素すら権力と暴力でモノにしちゃうのマジで強い

「出したもんしまえ」のワードチョイス、フォークさんの下ネタっぽい、わかる……………わかる………………………………………

いつだったかのダンジョンで宇多田ヒカルのファンをやりまくったときに思ったんだけど、この人既存のワードから韻踏むのめちゃくちゃ得意だな!?と思ってて、今回のさまときさま、life is 〜の座右の銘をぶちかまし踏みまくったあとに「人生は平等じゃない」で締めるのめちゃくちゃ流れ作るのがうまい
本当に この………ストーリーで踏むのめちゃくちゃうまいなこの人…………韻を踏むのは大前提で「どう踏むか」で魅せてくるラッパー、すごい……ワードチョイスと構成が青年漫画の画風

ここ最近のオシャレなヨコハマ(Walker ギャンスタ 絆ヨコハマバージョン)などをいただいていたMTCに真っ向からぶちかます土と汗と煙みたいな曲 振り幅で風邪ひく
はあ……はあ……………いいんですか? さまときさまにフォークを与えてしまって…………天よ…………………
いいんですか?「知らねえ」をいただいてしまって………いいんですか?

知らねえまで頂いてしまった
あ〜〜〜〜さまときさまの「知らねえ」でフロアぶち上がってほしいよ〜〜〜!!!!
フォークさんの知らねえものリストはフォークさんが認知しているところまで含めておもしろ話なので、さまときさま知らねえものリストもさまときさまに認知していてほしい


入間さんの「マイクの扱いそれなってねえ」からの「あ゛〜ん!?」理不尽で泣いた 清濁ツユダク併せ飲む ワードチョイス

さすがにもううめ〜な(そういう踏み方だからそうなんだろうけど)と思うのが「決定事項」「徹底しろ」からの「絶対白」って字幕だけど「ぜってぃしろ」だと思うんだよね 全踏みしてる代わりに日本語崩してるけどめちゃくちゃ美しく聞こえるな……

まだトレーラーしか聞いてないんだよね
(もうヒプマイのバトルに関わって精神すり減らすの疲れるので……)
早くSNSのないところで円盤と向き合いて〜表示
カッッケエ さまときさまZORNになってほしい(癖)#RAP

母親が包丁持って警察呼ばれて精神病棟に面会行くのが「よくある話」、都会でさんざんアングラな世界で生きていて少年院からトップMC、「今じゃ家にしまじろうが来る」なのめちゃくちゃ好き
手にワッパかけたまま成り上がっても人生上がれるわけねーんだよな
さまときさまみたいな男にそういう幸せを得てほしい(癖の話)
なんだかんだでアングラのラッパーだって、娘とちょうちょ見る人生が「真っ当な王の道」だと思ってる、そういう価値観で生きてるのがめちゃくちゃイイ……
でもきっとさまときさまはANARCHYになるんだろうな、「殴り合いでも大丈夫」「ギャングたちのアイドル」なんだもんな
あと痛みの作文⇔DARKNESSネタあってほほえまし
ラッパーがフィーチャリングしてるお互いのネタ入れるのスキ


ZORN、なんかちょいちょい対立概念と曲作ってるのめちゃくちゃイイんだよな

MACCHOと互いに地元をレペゼンしながら
「仲間たちはウィードとコケイン、俺はいらねー、ビートよこせ」
「仲間たちはスピードとコデイン、俺はいらねー、ウィードよこせ」
になるのたまらん
ラッパー、自分の発言に責任持っててとてもよい
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて(だってZORNの仲間のとしやはマリファナを売りつけるわけだし)、同じ曲の中で共生していて、レペゼンするのは同じ『地元』なのすげーいい
あとこれビート早い曲なんだけど、ZORNがバチバチにハメたあとにMACCHOがバコバコに抜いてくんのマジで対立概念……!最強……!っていうの感じなんだよね

■全文検索:

■日付検索:

■カテゴリ:

最終更新:
2021/05/13(Thu) 19:38:17
RSS / POST / ADMIN